記事リスト

脳の良性腫瘍

ハート

聴神経のまわりからできる

聴神経腫瘍は、良性の脳腫瘍の一種です。聴神経の周りを鞘のように覆っている細胞から発生するため、聴神経鞘腫とも呼ばれます。脳腫瘍の6%ほどを占めています。初期症状として最も多いのは聴力の低下です。腫瘍のある側の耳の聞こえが悪くなります。多くの場合、聞こえの悪さから耳鼻咽喉科を受診し、そこで頭のCTなどの検査をして見つかります。それ以外の症状には、耳鳴り、めまい、ふらつき、顔面神経麻痺、嚥下障害などです。聴力神経腫瘍は小脳と脳幹の間にあるわずかな隙間にできます。ここには、聴神経、顔面神経、三叉神経などが通っています。症状は、腫瘍によってこれらの神経が圧迫されることによって起きたものです。診断には頭部MRI検査が最も有効であり、頭部単純X線撮影、CTにあわせ、造影剤を注入する造影MRIを行います。

経過観察か放射線か手術

聴神経腫瘍と診断された場合、治療の選択肢は三つあります。経過観察、放射線治療、外科手術です。聴神経腫瘍はゆっくり成長する良性腫瘍であり、自然に小さくなることもあります。聴神経腫瘍ではこれが10%以上の確率で起こるため、無理に治療はせず、様子を見ます。症状のひとつである聴力の低下は、腫瘍の大きさにかかわらず時間の経過により進行します。そして、手術をした場合でも50%以上の確率で聴力は無くなります。聴力を救うために手術をするという選択は現実的ではないのです。腫瘍が小さいうちに治療した方がいいという考え方もあり、その場合は放射線照射を行います。代表的なものはガンマナイフです。腫瘍の部分に集中して放射線をかけることにより治療効果をあげます。腫瘍が3cmを超えるとこの方法は使えず、脳幹の圧迫も強いため、外科手術の適用になります。手術を行うと、顔面神経麻痺などの合併症の危険もあり、どの方法を選択するかは、患者の状態や年齢、主治医の考え方にも左右されます。

RECOMMEND POST

病院

酷くなると命の危険がある

摂食障害の治療のために、患者に栄養バランスが取れていない食事が身体に悪影響をおよぼすことを理解してもらい、治療に入ります。高カロリーの食事療法を行ない、摂食障害についてきちんと知ってもらいます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な治療方法

大腸がんの治療にはさまざまな方法があります。その中から自分に適した治療方法を見つけることが大切です。また、独自の治療方法を手掛けているクリニックもあるので、信頼できるクリニックを探し、自分に適した治療を受けましょう。

詳しく見る

ドクターとナース

骨を強くする治療

骨粗鬆症になってしまうと骨が脆くなり、転倒しただけで骨折してしまいます。治療では主に投薬治療を行ないます。また、適度な運動や転倒を防ぐストレッチ、食事療法なども効果的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 脊柱管狭窄症は治療で治せる|ガ〜ンと落ち込む大腸がん All Rights Reserved.