記事リスト

進行と転移が速いがん

看護師

食道は食べ物が通る道であり、咽頭と胃を繋いでいます。管状になっている食道に発生するがんが食道がんです。胸の辺りを通っている食道にがんが発生しやすいとされており、進行が進むと食道の外にまで脅威の手を伸ばします。食道は身体の主要な臓器に隣接していることから、様々な場所へ転移しやすいがんとされています。進行が比較的遅い大腸がんとは違い、食道がんは進行がとても早いのです。がん細胞が大きく肥大してしまうと、食道の周りにある気管支や肺、心臓などに転移をしてしまうのです。浸潤と呼ばれるこの症状は、重要な臓器に多く隣接し、進行が早い食道がんの特徴の一つとも言えるでしょう。また、食道には多くの血管やリンパ管があります。リンパ管の中を通るリンパ液や血液によって身体中にがん細胞は広がってしまうため、食道から離れている臓器にも転移してしまうのです。

大腸がんなどと同様に、食道がんの治る確率を上げるためには早期発見がとても大切です。しかし、食道がんは初期段階で自覚症状が無いとされています。症状が出ていない食道がんを発見することができれば、治る可能性はとても高まります。進行が進むと食事時などに痛みが出始め、しみるような感覚が頻繁に起こるようになります。これらもまだ初期の状態のため、内視鏡検査をすることでがん細胞を発見することができます。しかし、がん細胞が大きくなってしまうと痛みは無くなってしまうため、変だと感じたら早急に専門医を受診することが大切なのです。がんが大きくなることで食道は徐々に塞がってしまい、食事はおろか飲み物を摂取するのさえ困難になってしまいます。食事ができなくなると免疫力や体力も低下してしまうため、悪化する前に検査をすることが大切です。また、がんは遺伝でも発生してしまう可能性があるとされているため、親族にがん患者がいる場合には初期症状を調べておくと良いでしょう。がんについて詳しい情報を掲載しているサイトも多いため、色々ながんに関する情報を入手することができます。

RECOMMEND POST

病院

酷くなると命の危険がある

摂食障害の治療のために、患者に栄養バランスが取れていない食事が身体に悪影響をおよぼすことを理解してもらい、治療に入ります。高カロリーの食事療法を行ない、摂食障害についてきちんと知ってもらいます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な治療方法

大腸がんの治療にはさまざまな方法があります。その中から自分に適した治療方法を見つけることが大切です。また、独自の治療方法を手掛けているクリニックもあるので、信頼できるクリニックを探し、自分に適した治療を受けましょう。

詳しく見る

ドクターとナース

骨を強くする治療

骨粗鬆症になってしまうと骨が脆くなり、転倒しただけで骨折してしまいます。治療では主に投薬治療を行ないます。また、適度な運動や転倒を防ぐストレッチ、食事療法なども効果的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 脊柱管狭窄症は治療で治せる|ガ〜ンと落ち込む大腸がん All Rights Reserved.