記事リスト

早期発見の工夫と動向

ナース

しておきたい工夫とは

卵巣がんは、一般的には40〜70歳代に多く発生する病気です。しかし中には、10代に発生する悪性の強いものも存在しています。種類としては、最初から卵巣に発生する原発性のものと、転移性のものとに分かれます。卵巣がんは初期の頃には、自覚症状が殆んどありません。進行して大きくなってくると下腹部が張ったり、トイレが近くなったりといった症状がでてくるのです。そのため普通に生活している分には、卵巣がんが発生していても気づかないことも多くあります。そこで少しでも早く卵巣がんを見つけるためには、便秘の解消を心がけておくと良いでしょう。というのも症状の1つである下腹部の張りを、便秘と勘違いしてしまう人は多いのです。そのため、かなり進行してからも気づかない人は少なくありません。ですが便秘を解消しておけば、少しの張りでも違和感を感じられるようになるというわけです。また、便秘解消により腸内がキレイに保たれますので、美容効果も同時に得られます。

卵巣の腫瘍というのは、全てが悪性の卵巣がんというわけではありません。 良性の腫瘍の場合も少なくはないのです。 しかし悪性か良性かというのは、手術をしないことにはハッキリとしないことも多くあるのが現状です。 そこで今後は、手術をせずとも明確な違いが分かるような検査も出てくるのではないでしょうか。 手術というのは、どうしても体に負担がかかるものです。 そのため、特に高齢の場合には、手術そのものが難しいケースも少なくありません。 ですので、そうした検査を待ち望んでいる人も多くいるのです。 近年では医療技術もどんどんと進化をしてきていますし、医療機器も極小化してきています。 そうしたことを考えると、難しいことではないような気がします。

RECOMMEND POST

病院

酷くなると命の危険がある

摂食障害の治療のために、患者に栄養バランスが取れていない食事が身体に悪影響をおよぼすことを理解してもらい、治療に入ります。高カロリーの食事療法を行ない、摂食障害についてきちんと知ってもらいます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な治療方法

大腸がんの治療にはさまざまな方法があります。その中から自分に適した治療方法を見つけることが大切です。また、独自の治療方法を手掛けているクリニックもあるので、信頼できるクリニックを探し、自分に適した治療を受けましょう。

詳しく見る

ドクターとナース

骨を強くする治療

骨粗鬆症になってしまうと骨が脆くなり、転倒しただけで骨折してしまいます。治療では主に投薬治療を行ないます。また、適度な運動や転倒を防ぐストレッチ、食事療法なども効果的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 脊柱管狭窄症は治療で治せる|ガ〜ンと落ち込む大腸がん All Rights Reserved.