記事リスト

咽頭がんとはどこの病気か

病院

咽頭がんという病気がありますが、がん細胞が発生する場所によって細かく病名は変化します。「上咽頭がん」「中咽頭がん」「下咽頭がん」に分けることができるのですが、咽頭がんは簡単に言うと喉の奥に発生するがんのことを指しています。40代以降の男性が発症する可能性が高いとされており、その理由の一つに中咽頭がんの原因ともなっている飲酒と喫煙が挙げられます。上咽頭は鼻の奥にある空気の通り道の辺りを指しており、耳にも近い部分であることから音が聞こえにくいなどの症状が現れます。また、目にも近いため物が二重に重なって見えてしまったり、酷い頭痛なども引き起こしてしまうのです。中咽頭は食べ物や空気の通り道に位置しており、扁桃腺もここに分類されます。その他に舌や口蓋垂(のどちんこ)も中咽頭に含まれる器官です。喉に痛みが生じたり、腫れを伴うような症状が現れます。下咽頭は一番下の位置を占めており、気管と繋がっている喉頭や声帯は下咽頭に含まれています。3種類に分けることができる咽頭がんは下咽頭に発生することが多いとされており、食べ物や飲み物を飲み込む際に痛みが生じたり、違和感や声の掠れなどが引き起こされます。これらは初期症状ですが、進行すると食事をすることができない状態にまで陥ってしまうこともあるのです。

咽頭がんは喉の機能を失ってしまう可能性があるがんです。そのため、早期の発見が明暗を分けることとなるのです。進行してしまい声帯などを切除することになってしまったら、声を発することができなくなってしまうのです。咽頭がんに見られる初期症状はほかの病気と間違えてしまいやすいものばかりです。喉が炎症を起こしてしまったときや、声帯にポリープができてしまっている場合にも似たような症状が現れてしまいます。そのため、多くの人が問題視することなく軽く考えてしまいがちなのです。しかし、悪化を防ぎ、咽頭の機能を失わないためにも検査はしっかりと受けるようにしましょう。素人判断が一番危険なため、市販薬で改善を図る前に専門医へ相談することが早期発見に繋がるのです。

RECOMMEND POST

病院

酷くなると命の危険がある

摂食障害の治療のために、患者に栄養バランスが取れていない食事が身体に悪影響をおよぼすことを理解してもらい、治療に入ります。高カロリーの食事療法を行ない、摂食障害についてきちんと知ってもらいます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な治療方法

大腸がんの治療にはさまざまな方法があります。その中から自分に適した治療方法を見つけることが大切です。また、独自の治療方法を手掛けているクリニックもあるので、信頼できるクリニックを探し、自分に適した治療を受けましょう。

詳しく見る

ドクターとナース

骨を強くする治療

骨粗鬆症になってしまうと骨が脆くなり、転倒しただけで骨折してしまいます。治療では主に投薬治療を行ないます。また、適度な運動や転倒を防ぐストレッチ、食事療法なども効果的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 脊柱管狭窄症は治療で治せる|ガ〜ンと落ち込む大腸がん All Rights Reserved.