記事リスト

直腸がんの症状と原因

医者

近年、日本人に増えているがんが大腸がんです。大腸がんは結腸で引き起こされる「結腸がん」と、直腸で発生する「直腸がん」に分類されます。しかし、これらは発生場所が違うだけで原因などに大きな違いはないとされています。患者の性別は男性が多いとされ、大腸がんと診断された患者の多くが直腸で発生しています。大腸がんが発生してしまう原因は色々と推測されていますが、最も有力な理由の一つは食生活の変容とされています。国際化が進み、欧米の食文化が世間に広く浸透した頃からじわじわと患者数を増やしているのです。脂質の多い食事を摂取することが増えたことや、手軽に食べることができるファストフードの登場は、野菜や魚中心で育まれてきた日本の食卓を大きく変えてしまっています。動物性脂肪やアルコールの過剰摂取は発がんを促してしまうとされており、注意をする必要があるのです。勿論これらが全ての原因となっているわけではないですが、予防のためにはバランス良く栄養素を身体に取り入れることが大切となるのです。

大腸がんの一つである直腸がんですが、細かく分類すると直腸S状結腸部と上部結腸、下部結腸に分けることができます。これらの場所でがん細胞が発生してしまうと、便に初期症状とされている異常が出てきます。便が細くなる症状や便秘、便意を頻繁に感じてしまったり、血便などが引き起こされます。しかし、これらの初期症状に全く気が付かない人が多く、個人差はありますがある程度まで進行しなければ症状が出ないという人も中にはいます。腹痛や貧血などの症状が起きることもありますが、市販薬で症状緩和に努めていることで発見が遅れてしまったケースも少なくありません。痔と間違える人も多いことから、進行して転移を起こして初めて発見されるという患者もいるのです。直腸がんを含む大腸がんは、緩やかに進行が進みます。初期症状の段階で発見することができれば、完治する可能性はグッと高まるのです。健康診断大腸がん検査を一緒に依頼するか、自分で定期的に検査を行うように医院で医師に診察してもらうようにしましょう。

RECOMMEND POST

病院

酷くなると命の危険がある

摂食障害の治療のために、患者に栄養バランスが取れていない食事が身体に悪影響をおよぼすことを理解してもらい、治療に入ります。高カロリーの食事療法を行ない、摂食障害についてきちんと知ってもらいます。

詳しく見る

カウンセリング

適切な治療方法

大腸がんの治療にはさまざまな方法があります。その中から自分に適した治療方法を見つけることが大切です。また、独自の治療方法を手掛けているクリニックもあるので、信頼できるクリニックを探し、自分に適した治療を受けましょう。

詳しく見る

ドクターとナース

骨を強くする治療

骨粗鬆症になってしまうと骨が脆くなり、転倒しただけで骨折してしまいます。治療では主に投薬治療を行ないます。また、適度な運動や転倒を防ぐストレッチ、食事療法なども効果的です。

詳しく見る

Copyright© 2017 脊柱管狭窄症は治療で治せる|ガ〜ンと落ち込む大腸がん All Rights Reserved.